映画 バイオレンスシーン無し セクシャルシーン無し 筆者のおススメ(☆4つ以上)

【40女の映画レビュー】『セッション』|  じりじりと追い詰められる緊迫感がすごい…! いえいえ、ホラーではなく、ジャズのドラマーが主人公の音楽ものです。

2017/12/24

劇場公開時に見逃した『セッション』

アカデミー賞授賞式で知ってからずうっと見たかったのに、機会が無くて見逃していたこの作品。
日本公開から1年以上、先日やっとDVDで観ることができたので、感想を書き留めておきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

映画『セッション(原題:WHIPLASH)』

映画情報

原題:WHIPLASH
製作年・国:2014年 アメリカ
上映時間:1時間47分
言語:英語(全篇)
バイオレンスシーン:無し セクシャルシーン:無し

 

あらすじ

名門の音楽学校でジャズ・ドラマーとして成功を収めるべく日々練習に励む青年、ニーマン(マイルズ・テラー)。


ある日彼は鬼教師として誰もが恐れ尊敬するフレッチャー(J・K・シモンズ)と出会う。フレッチャー率いる学内最高のバンドに加わり、成功への希望の光をみつけたニーマンだったが、そこに待っていたのはフレッチャーによる壮絶な指導だった。完璧な演奏を求め、精神的・肉体的に限界を超えるほどに生徒たちを追い詰めるフレッチャーとの格闘の日々。その末にニーマンに待っていたものは…
 

 

キャスト

◆役名:アンドリュー・ニーマン =マイルズ・テラー
この作品で初めて見た役者さん。どんな人?と調べても、過去の出演作品リストにはあまりピンとくるものがなく、認知度が今作『セッション』で急上昇したものと推察されます。


見た目は『アメリカのどこにでもいそうなフツーの青年』… ですが、フツーな外見だからこそ、心の中に秘めた野心や調子の良さや見通しの甘さやずるさ、育ちの良さや良心や克己心etc....が、ないまぜになった感情をにじませる演技に、リアリティが感じられます。


『セッション』以降、出演作(予定作含む)は急増しているようなので、今後目にする機会が増えるかも。
 


◆役名:テレンス・フレッチャー =J.K.シモンズ
海外ドラマ&洋画好きなら、一度は目にしたことがあるJ.K.シモンズ。


姉にこの映画のことを説明するとき、『ほらほら、あの「CLOSER」とか「LOW&ORDER」に出てた、シンプソンズのホーマーをシュッとしたみたいな人が出てるんだよ!』というと、すぐにわかってくれました。(肖像権が気になるので、顔写真は掲載していませんが、おわかりになりますよね?きっと。)


そこそこ特徴のあるお顔立ちなので、何度もいろんなドラマや映画で目にして存じ上げてはいるものの、"準レギュラー"的な役どころが多いのと、主人公が絡む弁護士だの警察所長だの保安官だのと、失礼ながら深い役作りがさほど求められない役柄ばかりで、その実力のほどを知らなかったのですが。。。


今作では、恐ろしいほど迫真に迫った演技を見せてくれています。この作品を見て、この方の見方が変わりました。アメリカの俳優陣の層の厚さを改めて知った感があります。

 

 

筆者の感想(ちょっとネタバレあり)

>>ジャズ好きじゃなくても

音楽は大好きで、電車では常にイヤホン&ipod、クラシックからロックまでコンサートに行ったりもする筆者。なのに、なぜかピンとこないのが『ジャズ』なんです。。。『ジャズが好き』ってカッコいいし、『ジャズをかけながらお料理…』とか憧れるんですけど、、、他の音楽と違って、ノリがつかめないというか。

前置きが長くなっちゃいましたが、、、公開からかなり月日が流れていて、すでに評判をお聞きの方が多いとは思いますが、そんなジャズのことを何にもわかってない筆者にとってすら、全身トリハダざわざわ…の素晴らしい映画でした。

特に、ラストのトランス状態に入ったかのような演奏には、数分間まばたきすら忘れてカッと目を見開いて見入ってしまうほど圧倒されました。

 

 

>>映像・脚本も秀逸

場面の緊迫感や臨場感がびしびし伝わってくる映像も秀逸。

優しくて理解はあるけど、その存在がうっすらニーマンの前進を妨げている父親、音楽で大成することに全く価値を置いていないマッチョ系の知り合い達の描き方も、うまい!

何らかの分野で高みを極めようと日々研鑽を重ねている方、特に音楽の分野にいらっしゃる方にとっては、苦悩や煮詰まった空気感がリアルすぎて、息苦しくなるのではと思われるほどです。

こんなに魂をつぎ込んで演奏しているのならば、今度ジャズを聴くときは心して聴こう、と思いました。

 

大人女子へのおススメ度:星4つ☆☆☆☆★

☆4つ=何を観ようかな?と"いい映画"を探している方、これならハズさないと思いますレベルのおススメ度。

筆者的には5つ星なのですが(周りに勧めまくったので)、音楽に興味ゼロの方はあまり入り込めないかも? とはいえ、彼氏・旦那さん・お友達・中高生のお子さんと一緒に観ても気まずくならない、案外広い世代をカバーした映画だと思います。

何かの片手間ではなく、コーヒーでも準備して腰を据えてじっくり見たい作品。ぜひ。    

 

DVD・Blu-ray・サントラCDはこちら


セッション [DVD]


セッション [Blu-ray]


『セッション』オリジナル・サウンドトラック

 

 

 

おしまいです~

 

 

 

Sponsored Link Sponsored Link




-映画, バイオレンスシーン無し, セクシャルシーン無し, 筆者のおススメ(☆4つ以上)